タチバナ家

は、家族の理解を超えている(でも、愛される)

父
父
父
  • 本名:不明
  • 年齢:40代後半?
  • 体重:やや肥満

タチバナ家のは、わりとよくわからない人です。

毎朝、スーツで仕事に行きますが、なんの仕事をしているのか、作中で語られることはありません。

本人、無口で、どう思ったとかどうしてほしいとか言わないので、なにを考えているか、ぜんぜんわからない。

あんまり母がひどいと、怒ったりすることもありますが、基本的にキゲンはいいようです。

#634 >> 読む

は、九州男児。大分県の出身です。

母も九州出身。男の人は「立てておけばいい」という考え方なので、は、亭主関白でいることを許されています。

いつも黙って、母に気をつかわれている

#109  >> 読む

外でのは、ふつうにしゃべります。腰も軽い。気もきくタイプ。


#346 >> 読む

どうやら、は母に、だいぶ甘えているんですね。

母も、をいろいろ頼りにしている。

#382 >> 読む

そして、ここが大事。

は、どうやら母のことを、とても面白がっているらしい。

#320 >> 読む

そういう夫婦の結びつきもあるのかなあと、みかんは思いはじめています。

ご存じのとおり「あたしンち」のエピソードは、母と子どもたちの視点から語られることが多い。

は、大人の男性なので「女子ども」から見て、分かりにくい。それも「あたしンち」のリアルさなのでしょう。