お母さんとイタリア

#24 ベネチアの夜に

#24 ベネチアの夜に

 

 

 

ふり返りトーク #24

オット   ぼくは、この旅行で、あなたのお母さんに対する認識が、すごく深まった。

お母さんは、プライドが高いんだよね。

けら かも……ていうか、私は、そこ、あまり深くわかってないかも。

オット そう? すごく分かりやすく、そうだと思うんだけど。で、そのプライドの高いお母さんが、だんだん調子がでてきて、いろんなことを言いはじめて。

前号の「地球が温暖化してるから」「来年はもっと沈むでしょ」っていうのは、軽くベネチアに対して「見下げ」が入ったなと(笑)。

けら あはは。なんか、イラッとしたのは、そういうことだったのか。

オット 中華料理店で言ってた「私はどこでもいいですよ」って、セリフだけ見ると、わたしに気を使わないでね、という意味のようだけど、じつは、案内された席にありがたく座るほうがえらい、っていう、僕らに対するたしなめの気持ちが入っている(笑)。

けら そう、それ!

あとで気持ちを整理すれば、その程度のことで、大したことじゃなかった。現場じゃ「イラッ」しか、つかめなかった。

オット 僕はやっぱりオブザーバーの役割なので。あなたがイライラしていても、なるべくどっちにもつかないようにしてたよ。3人組は、2対1に割れたら、まずいので

けら まあね。2人が結託して、ひとりを責めたら、ほんとうにかわいそうだもんね……。

オット そう! なのに、このあと、ぼくがそれをやっちゃうんだけどさぁ……

ともかく、お母さんは、このへんからリラックスして、楽しくなってきてるんだよね。ぼくはそれが、面白くて、お母さんの言うことをかたっぱしから、メモりました。

>> #23 母、調子がでてくる

#25 オット不器用、ムスメ不機嫌 <<

ご感想・メッセージはこちらまで!