お母さんとイタリア

#19 ミケランジェロ広場で

#19 ミケランジェロ広場で

 

 

 

 

ふり返りトーク #19

けら ここで、ついにやっと、お母さんが喜んでくれたんだよね(笑)。

オット 感動したよ。

ここは、ほんとに、きれいだから。日没のときは、川に夕日が映えてさぁ。ガイドブックや絵はがきにもなってるけど。

けら ふだんの旅行では、わたしが写真を撮りすぎて、みんなをうんざりさせることが多いのに。

オット お母さんとは、意見がぴったりだったね(笑)

けら やっぱりあそこは誰が見てもきれいなんだよ。うれしかったな。

オット あ、ひとつ真理があって……。

けら なに?

オット 旅行へ行って、何年たってもおぼえてるのは、写真に撮った場面だけだね! 写真に残してない場面は、忘れちゃってる! 

けら でしょう?

オット 写真を撮りまくるあなたは正しい、ということが、のちのち分かったよ。

けら そうなんだよ。よく、写真なんか撮ってないで、目で見ろ!とか、言われるけど、目だけじゃ、もったいないじゃない。写真に撮れば、また何度でも見られる。

人生には、たまにハレがあって、ほとんど毎日、ケの日だけど、たまにハレの日の写真を見ると、刺激になるでしょう?

オット ともかく、このときの写真は、三人とも笑ってて、すごくいいね。

けら いいでしょう?

オット この時は、あなたの気持ちが、やさしくなってたしね。

けら うん。まぁ、そうだね(笑)。

>> #18 ターニングポイント

#20 うれしい晩ごはん <<

ご感想・メッセージはこちらまで!