お母さんとイタリア

#4 「おばあさんに白いパンを」の心だった

#4 「おばあさんに白いパンを」の心だった

 

 

 

 

 

 

 

 

ふり返りトーク#4

 

けら これは「親改造計画」なんだよね。母にしたら「なんでやねん!」って話なんだけど。

オット 自分から「改造されたい」人は、あんまりいないもんね(笑)。

けら そうなんだよね・・ふり返ると、不遜で傲慢なことをしてる。

けど心は、お母さんに人生もっと楽しんでほしい、と願ってたんだよね〜。

オット うん。

けら 最初は、単純に喜んでもらえると思ってたんだよね。

それより、私の心配は、お母さんが、日々あんまり楽しそうじゃなかったこと。

もともとお母さんは、すごく感激屋だったの。私が子どものころ、なにか快挙なことをすると、メチャクチャ喜んでたのね。

そういう素敵なことより、お母さんの関心は、父、同居の弟、嫁へのつまらない不満でいっぱいなかんじだった。

お母さんまだ50代なのに、東京に住んでるのに、健康なのに、小金もあるのに、なんでこうなってるんだろう?と思って。

ちょうどその頃、自分たちは、イタリアでカルチャーショックを受けたでしょう!旅行、素晴らしいなあ!と思ったよね。

オット わかった。アルプスの少女ハイジの「おばあさんに、白いパンを!」だね!(>>参照

けら けら そうそう!私のタマシイにはハイジが刻まれてるからね!(←アニメの見過ぎで)おばあさんに白いパンを持ってってあげたら、どんなに感激するでしょう!っていうあの心!

私は、自分が感動したことを、お母さんと共有したかったという。

あとで振り返ると、やってたことは確かに、母の改造、だけど(笑)。やろうとしていたことは、お母さんに「こんな自分の人生もあるんだわ〜♡」って素敵な方向へ目を向けてもらうことだったわけ。

(つづく)

 

#5 お母さんに服を……<< >> #3 お母さんをイタ……

>>ご感想・メッセージはこちらまで!